1. 無料アクセス解析
妖精の人形とイラストを見てゆったりと過ごせるpetit place
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
薔薇は♪薔薇は♪
fairy工房へようこそ

アルバイトや、その他諸々で更新がすっかり遅くなってしまいました
自分不器用なんで...←(誰のマネ???)
さて、今回は、渋谷の文化村でのルドゥーテの描く薔薇の展覧会に行ってきました

解説:ルドゥーテとは、マリーアントワネットおかかえの薔薇を描くのを主とした画家で、その描く薔薇の美しさから薔薇の魔術師とか巨匠とか言われている人です

母と私は大の薔薇好きしかもその展覧会では、
薔薇の香りの演出もあるそうで、
どきどきわくわくしながらはいってみると,そこには薔薇、薔薇、薔薇...
レストランには本物の薔薇が、
展覧会には絵の薔薇が「こっちへおいで」と誘うように手招きしていました←(催眠ではありません
母も私もじっくーりと、一枚一枚薔薇の絵を見ていたのですが、
いつも母の方が早く見終わるのに、
今回に限って,私は一枚見るのに5分くらいかけているのにも関わらず、←(なぜなら描き方を盗む参考にするためです)母がもっと後ろの方で優雅に絵を鑑賞なさっている...
そこで私が、
やっぱり詩人のリルケのように薔薇の刺を指に刺して死ぬかもしれないと思っていた母だけあって薔薇にはものすごい思い入れが...と,感心していると、
母がやってきて、「イヤーこれだけにたような絵がいっぱいあると、どれがどれだか分からなくなって何回も同じ絵見ちゃうわ」と涼しい顔で
深読みしすぎた~と思っていると、「この薔薇が特に綺麗」と,母が、
お土産物ブースで、私が一番綺麗だと思った薔薇を指していいました
結局ものすごい量の絵だったので、判別が難しいのかなと思いましたが、
やっぱりすっごく突出していい絵は心に残るようです←(私たちがそう思ってるだけだったりしてでもすごく売れ行きよかったみたいですが

そしてティータイムにはパリに本店がある、「ドゥマゴ」という
ちょっとこじゃれたまわり一面薔薇のカフェでお茶しました
そこで、母の写真をと思いカメラを用意すると、母は警戒した猫のように素早くカメラの見えない位置へ移動...母よどうしてそこまで写真を嫌う...
そしてやっと許された横顔撮影...
多分私たち親子はかなりの挙動不審だったと思います
でも母の写真とれたからいっか~
どこまでもファミコン←(ファミリーコンプレックスのこと)な私でした
でも仲良き事は美しきかなですよね←(相当心配になってきた)
薔薇の展覧会おすすめですよ~

さてさて今回はニューフェイスが登場します
名前はぷっくるんちゃんです

ほっぺたぷくぷくです(//^-^//)


そしてケーキの中でねそべるくるみんちゃん

ころんとしてます(//^-^//)


薔薇の展覧会で食べたケーキを思わず撮影

おいしかったです♪


アクリル着彩の女の子

おすましフェイス♪


恒例女の子の絵其の二十一

ちょっと普段と違う感じに♪


ほっこりして頂けたでしょうか
次回のブログはちょっとまた絵のテイスト変わってると思います←(少しだけですが)
また来て頂けると幸いです

また来て下さいね
スポンサーサイト
© fairy工房 petit leaf. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。