FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
妖精の人形とイラストを見てゆったりと過ごせるpetit place
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ドールショウに向けて(//^-^//)
fairy工房へようこそ
こんにちは今回のブログのサブタイトルを「小樽名物人待ちグマ」と命名したともるぅです今回はドールショウ前ということで、少しでもたくさんの人に見てほしいなぁと言う願いから←(もしや買ってくれたらなぁと言う願望???)出店品をたくさん載せようと思っているのですが、その前にサブタイトルの出来事をお話しします

出店するよ~(//^-^//)

最近私たち家族は北海道旅行でそれはそれは美しいガラス製品のそろった小樽へ行ったのですが、そこで世にも恐ろしい恐怖体験をしました
なんと、小樽観光をバスツアーでしている間に熊の奇襲に会ったのです
しかもその熊は黒いズボンとシャツを着ていて、年齢が50代以上のよう...そして、腰に手を当てるのが癖で、獲物を食べるのに苦労していない様な立派なおなかを携えているのでした←(人のこといえないですが)さて、察しが良い方はお気付きになったと思いますが...続けさせて頂きます

小樽観光では、弟は街の風情を満喫するため別行動に、そして父は、風情とか情緒よりも食と言った形で、母と私のみ小樽ガラスを堪能したのですが、そのときすでにこの4人のうちの一人は、妖怪人間ベムのように、姿を変えつつあったのです←(ちなみに4人とは父、母、私、弟です)

小樽でたっぷり観光を楽しめるようにマリアテレジア←(母の洗礼名つまり母)が3日かけて吟味し、手配した小樽観光ですが、私たちが買い物を終えて次はどこを見ようかな~という時に、バスが出発する20分前だというのに既に観光バスのバス停にいる黒い物体を発見!!
皆さんはシャケをくわえた木彫りの熊をイメージして頂けると分かりやすいのですが、それが直立不動して目だけをきょろきょろとうごかし、待ち人を待っている感じ...そこで母が一言「あっ小樽名物人待ちグマだ!!」そうです、熊とは父の事でした

もうそう考えるよりほかありません考えてみれば、小樽に来て20分も前にバスに戻る、情緒を味わうよりも時間...ちょっと待って下さい人を待つ=忠誠心が強い=忠犬ハチ公...これってもしかして...お犬様だよ!!すみません小樽名物人待ちグマを、本日を持って「小樽名物忠犬ハチ公」←(ひいき目でしょうか???(汗))にかえさせて頂きます

そして奇襲と言うよりも出迎えてくれたと言うべきなのでしょうか...(汗)でも食事以外基本無頓着...な父ですが、マリアテレジア(母)のプランに非常に忠実と言うか...さすが社会人って感じですところで話は変わりますが、DOLL MALLに出店させてもらっているので、40cm、60cmドールの小物、家具の所をクリックすると私の作品が出てきますので、ちょこっとでも見て下されれば嬉しいです

とと...ドールショウ前に私はディスプレーをシュミレーションで作るのですがこんな感じになりました

お花の妖精フラワリン

お花の妖精フラワリンが宝石箱にキュウキュウにはいってたり...←(値札が邪魔ですね(汗))

トルソーにかかったネックレスの数々(//^-^//)

カボチャのネックレスがお買い得

マカロンとお花(//^-^//)

マカロンがヘッドになってます←(Tピンを刺して下さったのはマリアテレジア
花の上に乗っているぷっくりした妖精は福が来るとかけてぷっくるんちゃんと言います←(売る予定です

マカうさオンパレード(//^-^//)

マカうさちゃんファミリー憩いのひとときと言うコンセプトで作ってみました

夢見るフラワリン(//^-^//)

花の妖精フラワリンのドリーミングバージョンです気持ちよさそうにねているのが特徴です

今日は長くなってしまうのでこのくらいで...後は恒例女の子の絵その二十八を紹介します

RPG風天使



ちなみにドールショウは東京都立産業貿易センタービル本館2~5階で行われます
私のブースにも足を止めて下さると嬉しいですちなみに私のブースは3階のG列の13ですハロウィンな雰囲気です←(先取り先取り!!)
ほっこりして頂けたでしょうかまた来て頂けると嬉しいです
次回はドールショウの出店物に加え、見て来た映画の話をちょっとします♪ここまで読んで下さってありがとうございます

また来て下さいね
スポンサーサイト
© fairy工房 petit leaf. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。