1. 無料アクセス解析
妖精の人形とイラストを見てゆったりと過ごせるpetit place
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
芸術はラーメンだ!!
私の作るラーメンは、つけるラーメンでもなく、薄味のラーメンでもなく、足すラーメン!!

まず、お肉を丸大醤油と、お酒(それぞれ生姜おろし一杯分)と生姜をすって10分ねかせる。

その後、ほうれん草をゆでる。(ちょっと茹ですぎました(滝汗)緑色のビタミンがほうれん草から倒壊していくのがお湯の色で分かりました。ごめんなさい!!)

次はスープ!!!お湯で割って3人分のスープで4玉の麺を分ける。だから、薄くなっちゃダメだ!!と言い聞かせて濃く作った。

それでその後麺を茹でて、忘れていたもやしを茹でる。

そして盛りつけにメンマ。

はい...。

お気づきの方もいらっしゃるかと思います。

私は、お湯を足すべきラーメンを必然的に作ったのです。

つまり、味も中身も濃いラーメンを作ったのです。

お父さん達は、お湯を注いで美味しそうに食べました。

結論は...。

薄くならないよう濃くしていれば応用が利くという事でした。
そして、「愛」もそうなんだなとも思いました。

薄いラーメンを作ったらここまで、家族の談笑はなかったでしょうし、濃いラーメンを作った事に意義があるんです。

内面もそう。ラーメンに感心が薄ければラーメンは薄く、濃ければラーメンは濃い味わいになります。

どちらも大事だけど。

ちなみに濃すぎて食べれないラーメンは間違っているかもと思いました。

そしてラーメンの画像は読み込めませんでした。形のない物を大事にというメッセージかな???
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© fairy工房 petit leaf. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。