1. 無料アクセス解析
妖精の人形とイラストを見てゆったりと過ごせるpetit place
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
山下幼稚宴存続を願い姉から
そんな姉の弟、「大橋哲也」は、舞台に出ます「山下幼稚宴」と言う、まさに舞台の存続に生死を賭けた「ミラクルエンジェルズ」という舞台へ。

私はその舞台を見る事と、手伝いをする事で、空っぽになって苦悩しか残らない自分を払拭出来ました。

舞台は中には一見平面的で中身が無いと誤解される方もいらっしゃるかもしれませんが、様々な役者さんの抱えきれない思い、その人達の中身をすっぽり等身大で描いた。本当に真っ直ぐで純粋な思いだから、響く。弟は、「勝利の条件」で舞台で泣きながら歌うと言う快挙に出ました。

弟はストレートで、純真無垢それ故に、自分自身をあまり語ろうとしないか家族のムードメーカーであり、品のいい好青年です。その弟がミュージカルに出ると知った時、度肝を抜かれました。
内向的で、自己主張の強くない弟がどんな役をと、答えは...ガリ勉でした。

シンプルな構図の中に色とりどりの心情と、伏線がはってあります。心に響くオンガク、歌の意味を考える間もない位舞台は急展開するのに溶けてこぼれるのは何でしょう。私は、心の刺や氷った血液だと思います。
はっきり言います。うちの弟は私よりずっと器が大きく博識です。
ですがそれが私にとってコンプレックスになっている事を知っているため色んな事を我慢してしまう出来すぎる子です。たまに不安でたまらなくなりますが、それは姉のエゴでしょう。


弟は、この劇団で、どれだけ多くの事を学んだかわかリません、そして私もその一人です。




皆さんの履歴書


2009年 最初...現実をあまりにリアルに突きつけられ、演出家、栗原彰文さんを呪いました。

栗原彰文さん→努力と忍耐と愛情に溢れた恩師です。見た目で浮ついた方に見られがちですが、誰よりもストイックで時に自制出来なくなる程自分を追いつめる、謎の多い人物です。衣装や髪型で、チャラチャラした主催者と思わないで下さい。役の為、と、どうすれば集客が上手くいくかの緻密な計算によるものです。何よりも愛するのは仲間という方です。

佐々木恭祐さん→何事に対しても真摯、至る所で真心と誠意を尽くす「officer」稽古場での空気がこの方が入るなり緊迫したものになります。栗原彰文さんと肩を並べるか、越していく力量の持ち主。常に自分らしさとは、正義とは何かを求め続ける修行者。何よりも佐々木さんはお客様を大切にします。
綺麗なココロ「ミラクルエンジェルズ」と黒いココロ「ハムレット」両方を演じる事がこんな短時間で出来るのは、何時も演劇に対し探究を怠らないため。

宮原麻実さん→美しく清らかな聖女。彼女は至って真面目で、何時も美しく凛として、愛らしく、慎ましやかな女性。「出来る女子代表」なのですが、たまに自分を追い込みすぎてうるうると涙してしまう女性らしさも持ち合わせている、強くて(ブラッドタイプ)(ミラクルエンジェル)はかなげな女性(ハムレット)彼女の清らかさに一度触れてみて下さい←(変な意味に取らないで下さいね←(とるかー!!)私は何時も彼女に頼りっぱなしでした。劇場での案内兼ナレーション等、幅広いメディアで活躍です。

高圓梓さん→彼は、私にとって人生を良い方向に変えてくれました。彼がいなければ、はっきり言って山下幼稚宴に入っただろうか....。と考えさせられるココロの綺麗な青年。自分自身より人の事を大切にしてしまうココロの持ち主。故に、ありとあらゆる自分に携わった方への恩は忘れず、それ故無力さに苦しむ時もある。十分すぎる程の愛を彼から、劇場で頂きました。無力でもなく孤独でもない場所は梓さんにとって山下幼稚宴とお客様と家族です。
彼のココロからの幸せは、山下幼稚宴への恩返しと、お客様の笑顔、それが在れば生きていけると勝手に私は思ってしまうのです。

山下大輔さん→私に厳しくも優しいアドバイスを何時もくれたクリエイター仲間。彼の演出は次元を超え、笑いに至ってはシェイクスピアとレオナルド・ダ・ウィンチがにらめっこをしている間に入って2人を笑い転げさせる事が出来る程高次元←(つまり常識人には理解しがたいシュールでハイクオリテイーなギャグセンス!!)山下幼稚宴ブログへ行くとそれが伝わります。
愛情、知性、友情、孤独に強い考えをしっかりともった方。
時々頭がショートする栗原彰文さんを支えるのも彼の役目なのかもしれません。
孤独への強さ逞しさは、男性陣の中で1、2を争う、「うさぎ系イケメン」です!!←(皆さん気付かれたと思いますが写真かっこよくなってますよね!!おそらく梓さんが撮ったものでしょう!!彼は、栗原彰文さんを超える(かもしれない)構図とポーズが出来るんです←(ブラッドタイプのダーネスの役とロックの役どちらがかっこいいかチェックして見て下さいね♪←(両方素敵ですよ!芸術的です!!))


ハイッ長くなりすぎましたね!!明日は、上杉豪さんと、石井卓真さんと、大橋哲也←(弟じゃ...)についてご紹介致します。

「山下幼稚宴」についてサポートしたい、何も出来ないけど応援したい!!この気持ちを強く持つ事で私は初めて人間として強くなれます。「弟」も最高の劇を見せてくれると「姉」である私は応援しております(M--M)


今は、接して下さる仲間がいる。弟という媒介を通して、山下幼稚宴の皆さんは惜しみなく愛情を注いで下さいます。劇団を一方的に去った私ですが←(家族2人が演劇という訳にもいかず。栗原彰文さんが25歳になるまでにどうしても山下幼稚宴を存続させたい←(3000人の集客がないと山下幼稚宴が無くなってしまうのです。そんな中時間を縫って、話をぎりぎりまで聞いて頂き面倒を見てくださった温かい皆さん←(実は、紹介したい方は沢山いらっしゃるんです!!))


では劇に話を戻します、私の目から見て山下幼稚宴は羽化したばかりの蝶です。
可能性は無限大にありますが、生きる為の術をまだ皆さんが若いので、主催者24歳そして、その方がすべてを統率しなければならない。

はっきり言って、全てを統率するのは誰だって怖いもの。
そばにいる同胞がいなければ、劇団はつぶれてしまいます。弱みを見せない様にしようとしても24歳という年齢で、全てを抱え込むのは酷すぎます。劇団の皆さんだって同じです。
弱気を助け強気も助けという精神が在りながらも、年齢と予算、も邪魔をすれば稽古日数等を決めるだけでも大変だというのに、役者の方々を集めるため、スポンサー様を捜すため、血のにじむ様な努力をしております。

時には、暴れ回りたくもなる様な恐怖を皆さん抱えていますし、不安の無い方は誰一人としていません。
ですが皆さん今の状況を悲観する事無く、日々鍛錬しております。

劇団からはなれ1ヶ月近く経ちようやく事態の切迫した状態が分かりました。

「弟」が、劇をするのは遊びでは在りません。こうした皆さんの心情を私の何万倍も分かり、両親と姉を思うが故しばらく遠ざかっていたんです。

主催者は、「弟」に「お前の生きたい道を行け。」と、就職活動に忙しいからと劇団にとって利益を得る事が出来るにもかかわらず、弟の未来を優先して「弟」を日常に送り出しました。

「弟」は、今、ほぼ不眠不休の日々の中「山下幼稚宴」に出て、自分を見つめ、自己を深める道を選ぶため「演劇」の道に戻りました。

もちろんお母さんとお父さんの事も在り、劇団で食べていく事を許される家系ではないのです。

ですが一時でも、自分がこれ以上無いという程打ち込んだ証が欲しい←(ファウスト?)との渾身の願いもあった様で。←(姉の想像に過ぎませんが)

私自身、障害を持ったため苦しみもしますが、弟の苦悩に比べるとちっぽけなものなんです。

もし、「大橋哲也」が出る劇を見たいという方がいらっしゃいましたら

私からでもメールフォームにメッセージ頂ければご予約可能です。

ちなみに、私がこの中で愛しているのは「愛弟」←(変な意味じゃ在りません!!)なので、邪推はしないで下さいね←(本当にかわいそうな弟...)
また、冷やかし、迷惑メッセージ等の場合は、有り難く呪わさせて頂きます

さっきまで、弟は後ろで燃え尽きない様必死で企業調査していました。

ちなみに弟は
      「未完成なものを見た後には完璧なものを見たくなるよね」

と、2時間に渡る私の芸術論を

      「コボちゃんを見た後にはミュシャが見たくなるよね。」

と1秒も立たないうちに切り返した強者です。


そして、

家庭教師先で海老フライと唐揚げが出た事を、
          「いやー酒池肉林だったよ」
と冗談で行った弟に、
私が
「いつまでもピュアでいてほしかった」

と言った所

お母さんに
「何勘違いしてるの海老フライと唐揚げを食べた話だよ。」

といわれ、

「めんどくさい事この上ないね」と笑顔で言う弟。

こんな素敵な弟です!!見に来て下さると嬉しいです!!姉がトラブルメーカーなら、弟はムードメーカーです!!←(宣伝しすぎかしら(滝汗))

ちなみに弟は「Miracle Angels」には全ての日程参加します。
http://ameblo.jp/yamashita-y/page-10.html#main
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© fairy工房 petit leaf. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。