1. 無料アクセス解析
妖精の人形とイラストを見てゆったりと過ごせるpetit place
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
I- DOllレポ(//^-^//)幸せを抱きしめて♪
      welcome to fairy factory
沢山のお客様と、ディーラー様に支えられ、「fairy 工房 petit leaf」は新たに前進出来ました。
      何度もお店を見に来て頂けた優しい方々、リピーター様    
     感謝と、お礼を込めて、ブログも楽しんで頂ければ幸いです。

ご訪問有り難うございます★

こんにちは今回のI・Dollvol31は、天候にも恵まれ、嬉しい事の連続でした。
まずは、今回のドールショウでの出展の店構えを...

テイストはこんな感じになりました(*^ー^*)/

初めて、殆どお父さんとお母さんの手をほぼ借りず←(お父さんは、中野のフェスに行く傍ら、荷物を会場まで持っていく事と、食料の調達、帰りに新宿で、出店で疲れた私達母子を迎えに来て下さりお母さんには、梱包と会計を手伝って頂いた事を差し引いても

今までで1番力を入れ、ディスプレーから、品物作り、値段決め、梱包材料の仕分け、等、山の様な作業を行えたのは、その合間に豪快すぎる料理や、生活全般を比較的改めたためでした。

やはり生活にはONとOFFが必要...そして何より、お母様とお父様に、

        「心がけ次第では出展を手伝うのを考えるよ

と言う、悪魔の天使の様なささやき←(飴とムチとも言う)が効果絶大でした。

今回のI-Dollは、やはり不景気という事もあり、見にいらっしゃるお客様はそんなに大勢いらっしゃった訳ではありませんでした。

そんな時こそ、この時期に来て下さるお客様を大切にしたい、入場料を払ってまで来て頂けて、お迎えして下さる方を大事にしたい。

そんな思いで、一杯になりながら、お客様、ディ-ラー様と接していると、自分まで心が温かくなる様で、じんわりと幸せ気分に浸れました。

お母さん曰く、私の接客は、母方の祖父の生き写しの様だそう。

「いらっしゃいませ。よろしければお手に取ってご覧になって下さい。」

「何かお気に召した物がございましたらお申し付け下さい。」

お迎え頂けなくても、来て下さる事に感謝の意を込めて、

「有り難うございます。」

と、90度頭を下げてお辞儀。

この言葉と仕草は、誰に教えてもらったでも無く、←(「有頂天ホテル」の支配人さん「役所広司」さんを意識してはいましたが...)自分自身で心から発した言葉。
本当に、お客様がいらっしゃると言う嬉しさから、馬鹿丁寧になってしまいました。←(お母さんは、少しぎょっとしていらっしゃいました(滝汗))

殆ど立ちっぱなしで、お客様やディーラー様に挨拶する私を見て、お母さんは、心配しつつも、成長を喜んで頂けた様です。

私の誇るべき点は、本物の笑顔と気持ちで接客する事が出来、又、お客様と自分が、お互いに楽しめる空間を演出する様努力を怠らない事です。

やはり自分の作品であり子供達を喜んで見て頂けて可愛いと行って頂けるのは作者冥利に尽きるのです

大切なのは、一人一人の純粋に可愛いとおっしゃって頂ける気持ちです。

「もう少し、値段を下げればお迎え頂けたのに。」

という気持ちでは今はなく、私は、可愛いと言って頂けた子供達を、よほどの事が無い限り、薄利多売で売ってしまう気持ちになれないのです。

なぜなら、値段相応の労力と材料費そして何よりも、喜んでお迎え頂いた皆様が次にいらっしゃった時、お迎え頂いたfairyより安価なのに、新しい方が可愛く質が良いとなると申し訳が立たないからです。

今回、I-DOllに出て本当に良かったと思う事はてんこもりです。

少し休憩を入れてから、I-Dollレポ(*^-^*)幸せを抱きしめて♪その2をお送り致します

次は戦利品です(//^-^//)/

紅茶と一緒に♪

次の「I-Dollレポ(*^-^*)幸せを抱きしめて♪その2」

で、その全貌について写真と文字とココロで書き綴っていきたいと思います。
ほっこりして頂けましたでしょうかまた来て下さると嬉しいです

また来て下さいね

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© fairy工房 petit leaf. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。