1. 無料アクセス解析
妖精の人形とイラストを見てゆったりと過ごせるpetit place
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
生きている。
不謹慎ながら、
災害と向き合わなければ人間としておかしいと思いつめ過ぎないで下さい。
私もその一人でしたが、災害に対して人は無力ではありません。

人間はどんな辛いときでも頑張って前向きに生きている。
自分では後ろ向きに生きていると思っていても。
人はそう簡単に命を絶とうとは思わないのです。
被災者の方々も。私達も。
東電の方々にこそ、おこがましいですが、沢山の励ましと、努力を怠らない姿勢を向けて下さい。

私は、症状が酷い時、靴を両方履き違え、パジャマ姿で、2月頃の土砂降り雨が降る街を40分以上生きる希望が持てず、さまよいました。寒さも感じなかった。

実際、大震災が起きた訳でもなかったのにです。

それでも、優しくココロのケアをして下さった方々がいた。

道路工事をしていた方々、警察の方々、誰一人として私を責めずに、「大変だったね。」と言って、暖房をつけてくれた。

被災者の方々の痛みは冷たい様ですが、私には分かりません。

人間はそれぞれ違った思考を持っているから。

被災者の方も私も双方が痛みを、はっきり言って完全に理解する事は出来ないんです。

だからうかつに多くの事を語れない。

ただ一つ思うのは、人間は強く、しぶとく、いざという時に対処出来る野性的な直感を持っていると思えるのです。

こんな時だからこそ、より優しく人に接する事が出来る自分と世界を願う。

安全に家にいる人のみが言える綺麗ごとだと言えばそれまでですが、私はそれでも、「人と人との繋がり」を感じたい。

身勝手で贅沢だと分かっていても。

義理や人情が時に人を傷つけると分かっていても。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© fairy工房 petit leaf. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。